読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【湧いた!!】一対一バトル



こんにちは。毎日風がつよくて本当にうんざりしています。早く春の暖かなポカポカ陽気来てよ〜。



さて、今日も高校ラッパー(高等ラッパー)について書きたいと思います。先日の第7話の放送です。もう7話まで来たか〜早いな〜って感じです。今回もマークの活躍を中心に、でも第7話は他のバトルもかなり面白かったのでぜひ載せてしまいたい!!!わたしとしては彼らの青春を見ることができて感無量です本当に感謝\( 'ω')/




では書いていきます。




前回(第6話)では、地域チームごとにラップバトルをして勝ち進んだ3チームが決定ました。半分のチームが脱落してしまいましたね。よかったら前の記事を載せておきます。



脱落したチームから地域チーム関係なしに3人が敗者復活戦を勝ち抜いて次のバトルに進むことができるのですが、残念ながらその復活戦(ソロでラップ披露)は放送されず…( ; ; )

復活した3人は…






チェハミン君(やっぱりこの子は強い)


キムソンジェ君(笑顔可愛い子)(スクショ下手で伝わらない)


パンジェミン君(優しい顔)


の3人でした。前回のバトルの第2ラウンドでマークのいるソウル江西チームとキョンイン東部チームが戦った時、ヤンホンウォン君に負けてしまったチェハミン君でしたが、この2人は高校ラッパー出演者の中でもトップクラスの実力(トップクラスの戦いでした)なので、やっぱり脱落しても戻って来たチェハミン君!!!


それからキムソンジェ君ですが、この子は敗者復活戦のスコアで第1位を取った子です。この子のラップする時の声が本当にいいんだわ!!!ラップに似合うかっこいい声!!!


ちなみに順位はキムソンジェ君→チェハミン君→パンジェミン君の順でした。このバトルも見せてよ〜( ; ; )



こうして12人(元の9人+復活した3人)の戦いになりました。今回のバトルは一対一のラップバトルです。このバトルに勝った6人が決勝に進出できるという、運命の準決勝です。


それぞれの名前が書かれた紙がボックスに入っており、そこからMCが紙を引いて、選ばれた子があの「너 나와(お前、出てこい」を言って自分が戦う相手を指名するという流れなんですが、もうこれが本当にエキサイティングで…!!


最初のほうに紙を引かれた子は、自分が「この相手なら勝てそうだな」って子を指名するわけなので、選ばれた子も複雑なわけです…くぅううううううぅうぅぅぅううう( ; ; )
これまでのバトルの本番でラップが詰まったりして失敗してしまったことのある子がやっぱり最初に選ばれてしまい…わたしには見ていて少々辛いんですが…( ; ; )


我らがマークは、なんと2番目に紙を引かれたので指名する側に。


他のラッパー達の反応はといえば…



「マークと一緒にやりたい」とキムドンヒョン君


チョウォヌ君も同じこと言ってますね。(青い制服に白いバンドの子)


ただ単にマクたんと一緒にステージやりたいだけなのか、マクたんになら勝てると思って言っているのかは不明ですが…




この時点でN市民は

「え、こんな優しさの塊みたいな子がお前、出てこいなんてそんなこと言えるの??」

と皆さんが思ったことでしょう。しかも自分が勝つために指名するってことは、その選んだ相手をちょっと見下しているとも解釈され得るわけで。
は〜〜〜マクたんどうするの〜〜( ; ; )とドキドキしながら見ておりましたが、さすができる子マクたん。この子は本当に優しい子でした。








MCに「一対一バトルをする相手を選んでください」と言われて口をモゴッとしたマクたん…(可愛い) 何を考えてるんだ〜〜〜




MCから「どうしてその相手を選んだんですか?」と質問を受けるマーク



「舞台を見た時、僕と感じが似ているように感じたので」と答えるマーク


みんな「え、誰だ?」となる雰囲気。確かに誰ーーーーマクたんと似てる感じって誰ーーーー\( 'ω')/




「お前じゃないの?」と尋ねたキムソンジェ君に、「いやまさか」と答えたパンジェミン君。もしかして君か…??




製作者からの「この人は絶対に避けたいなって人はいますか?」という質問に対してパンジェミン君は「マーク学生」と答えていたんですが…







ところがどっこい



「パンジェミン、お前出て来い」

マクたんが指名したのはそのパンジェミン君でした。しかしこのマクたんの指名の仕方が控えめすぎて可愛い。お前出て来いなんて普段言わないだろうにとうとう言ったーー!!と思ったら謎のジェスチャーついてます(可愛い)。もしかして言葉の強さを軽くしようとしてのジェスチャーなの?なに可愛い。ちなみにどちらも99lineだそうですが(笑)




指名された後のインタビューで「大変なことになった」と答えたパンジェミン君(笑)




「面白くてなんかかっこいいステージを一緒にやりたくて」とパンジェミン君に声をかけるマクたん。それにしても相手を選んだ理由で相手を傷つけないようにしているところが本当に優しいできる子マクたんです(パチパチパチパチ)。



「上手くやろうまじで」


「かっこよくやろうまじで」

とさらに声をかけて席につく(笑)人見知りが出てる(笑)気まずそうな雰囲気をどうにかしようとするマクたんです(優しい)。おそらくパンジェミン君も人見知りだこれは(笑)。高校ラッパー随一の癒し系チームじゃないかどう見ても?!!見てて可愛すぎるんですけど!!!




この後もボックスから自分の名前が選ばれた子が相手を指名していき…



まぁみんな避けるわけです、めちゃ上手いヤンホンウォン君とチェハミン君を。ずーーーっと指名されずに残ってしまい…MCに「何で君達が選ばれなかったんだと思いますか?」みたいに聞かれると、ヤンホンウォン君は「俺たちが怖かった?」て本当にみんなに聞くんですよね。そしたらみんなも素直にうんうんしてて。さすがにこの2人は自分にすごく自信を持っていますね。
この2人が戦うということは、この2人のどちらかが脱落するということで。この2人のいない高校ラッパーなんてありか??!!って感じですが、しょうがなくなってしまいました。





こうして2人組が決まり、一対一バトルへ。



相手が決まった順に戦うのでマークは2番目のバトルでした。



マイクを取ってステージに向かうマーク。気合い入ってます。


「100パーセントのマークを見せたいです。」



2人のバトルはこちらです。

メンター達の反応も入ったバージョン

Go get it!!!かっこいいなーー!!マーク!!どのステージを見ても思いますが、いつでも自信を持ってラップしているんですよね。怖気付かない。アイドルだからっていう先入観を回を重ねるごとに払拭していくマーク( ; ; )メンターや他の高校生ラッパーからの評価もなかなかです。

でもパンジェミン君はリハーサルにはなかった歌詞を入れていわゆるフリースタイルでラップを披露して、こちらもメンターからも高校生からの評価も高い。

ところでこうやって一緒にラップしているのを見ると、確かにパンジェミン君とどこか似たような印象が…!!


結果は…







フォオオオウ!!!57:43でマークが勝ちました!!我らがマークが決勝戦進出です!!本当にすごいよ!!!いい勝負でしたね。




次のバトルは、ソウル江西チームのキムユノ君と敗者復活戦で一位の成績で戻ってきたキムソンジェ君でした。
これが本当に面白かったのでぜひ書きたいと思います。

キムユノ君といえば、第5話でマークと一緒にラップステージをしたとんでもなく優しいあの子です。よかったら前のブログを…


実はキムユノ君、高校生ラッパーからもメンターからもそこまでラップが上手いとは思われてないなかったんです。でも2人でラップの練習をしてみると、その上手さに驚くキムソンジェ君。何か覚醒したんだろうか、すごーく生き生きしてるキムユノ君。


こちらの動画は前半部分ですが、36:00〜が2人の部分です。


ラップバトルはこちらです。

エエエエエエめちゃくちゃ上手いじゃんキムユノ君!!!なに!!!盛り上がる!!!しかも今までになく自信に溢れてる!!キムソンジェ君はやっぱり声もかっこいいしもちろん上手いんだけど、キムユノ君!!メンター達が驚くのも最もだ!!これは勝ち敗け決めにくいやつだ絶対。

そのメンター達が驚くシーンが入ってるのはこちらです。


結果は…






53:47という僅差でキムソンジェ君の勝利でした( ; ; )あああユノ君( ; ; )本当に楽しくて面白くてかっこいいステージだった( ; ; )



残念ながらユノ君は脱落することになってしまいましたが、MCから「大丈夫ですか?」と受けても
「良い評価をたくさん聞けたので、もう死んでも思い残すことはありません。」
このコメント!!なんてかっこいい子なんだろう!!やれることはやり切ってキムソンジェ君といい勝負して( ; ; )
メンターへのインタビューでもべた褒めされていました( ; ; )愛されてる( ; ; )
これぞ高校生の青春だ!!( ; ; )






この後もバトルが続き、最後はやって来ました。ヤンホンウォン君とチェハミン君のラップバトルです。載せるだけ載せます。
なんかもう雰囲気から違いますよ。

動画はこちらです。

反応入りバージョン



結果はチェハミン君の勝利。なんとヤンホンウォン君がここで脱落してしまいました。エエエエエエ、ヤンホンウォン君のいない高校ラッパーが続くのこの後に?!?!ショックが大きすぎて…個人的には今回のバトルはチェハミン君よりヤンホンウォン君のが好きでしたが…

ヤンホンウォン君はソウル江西チームでマークともキムユノ君とも一緒にやってきたのに、とうとうこのチームから残ったのはマークだけとなってしまいました…。なんだーーこの展開!!


勝戦に進むのはこちらの6人


勝戦ではマークはRedvelvetのスルギとコラボしたり、キムソンジェ君はSistarのヒョリンとコラボしたりと、ビッグなラップバトルになるそうで!!ドリム達も応援に来ているところが予告に映っていました(もう可愛いったらない)。もう最終回なんて…今から死ぬほど楽しみですね。誰が優勝するんだろう!!!


ここまで勝ち進んだ我らがマークが本当に誇らしくて( ; ; )(誰)
実力もっともっと見せつけてくれ!!!




非常にまとまっていない長文なのに読んでくださってありがとうございます(;ω;)