読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【The 遅どり】ネオカルリーダー

 

こんにちは、相変わらずの暇を持て余しています。毎日座ってばっかり、ドラマか映画か動画しか見ていないです。生産性はややあると思っています←

ですが実はちょこちょこ散歩だけはしています、綺麗な夕陽を共有させてくださいませ。(IPhoneカメラクオリティになります)

f:id:hitomochimochi:20170310190809j:image

 

 

さて、今日はネオカルリーダーのテヨン(태용)についてたっぷり語る気満々です。ちょっと読んでやってもいいぞな方はお付き合いください。(他の記事ももちろんのことすべてぺーぺーの個人的主観的な感想にすぎませんが)

 

 

 f:id:hitomochimochi:20170310191733j:image

 

(うーーんやっぱり若い!!)(SM Rookiesの彼です)

 

NCT UとNCT127に所属し、そのリーダーとラッパーを務める、1995年7月1日生まれの이 태용です。ダンスでもポンクルと一緒にNCTを引っ張っています。

SM Rookies時代からSMのお気に入りで、NCTとしてデビューしてからもセンターを任せられています。それにしてもSMの好きな顔どストライククリティカルヒットホームランですよね← 顔がなかなかの鋭さ(美形)です。

そんな彼、デビュー前から色々とあった子ですが、SMの練習生の活動の中にはボランティアなども取り入れられているらしく(EXOも練習生時代に児童施設とか行ってましたよね)、世界に羽ばたくアーティストを養成するための人格教育(礼儀含め)をしているんだろうと勝手に思っているので、そんなに気にしなくても…とか思っています。

 

マークの記事のところにテヨンが初めてラップ映像を出した『Open The Door』は載せたので、その後からちょろっと書きたいと思います。

 

 

まずイテヨンといえばこれ、TY truckの誕生です。

Red velvet-Be natural (Taeyong rap cut) - YouTube

 

Redvelvetの『Be Natural 』に イテヨンがラップで参加したものです。

この曲自体がスローテンポなのにそれにもましてイテヨンのラップのテンポの遅どりさったらもうびっくりします。ついに遅れるんじゃないかってこっちが緊張しそうになります、すごい。稀に見る遅どりさです。

 

イテヨン特有の遅どりを確認するために、ダンスについても話してみます。ダンスのほうが分かりやすいか…?

 

[SMROOKIES] SR15B_0701 DANCE PRACTICE - YouTube

SM Rookies時代のSR15BでのDance Practiceです。これはポンクルにも目がいってしまいますがとりあえずイテヨンのテンポ取りを確認するために頑張ってイテヨンをじっっっと見て欲しいです、特に後半からはその特徴がよく見えてきます。

遅どりと、拍を余らせずたっぷり使って踊るからなのか、とてつもなく丁寧に見えますよね。ポジションもいちいち誤魔化さずに、振付師が踊っているものを1番正確に消化してそうです。振り合わせの時はやっぱり誰かの動きとかポーズのポジションに統一させることが頻繁にありそうですが、そんな時には彼に1番合わせるんじゃないかな〜と勝手に思っています(笑)

 

 

151121 TAEYONG FOCUS / Virtual Insanity - YouTube

SM Rookies時代のイテヨンのソロダンスステージです。

「遅どり+拍を余らせずたっぷり使う」がこんなにも上手く合わさると、この1分49秒間常にずっと動き続けているように見えますよね。動きを止めるところは必ずキメているのに、イテヨンのダンススキル(もはや癖なんでしょうか、いつか本当に聞いてみたい)によって、滑らかに次に繋がっていて、キレやトメはあるのに動きが止まって見えません。すごい、本当にすごい、見ててすごく気持ちが良いです。

 

もっと分かりやすくするために、他メンと比較して見てみましょう。個人的に1番好きな『第七感』がその音の取り方をよくみることができると思ったので、これをお借りしました。振付は日本が誇る4人組ダンサーチームのs**tkingz様です。ただNCT Uは基本的にみんなバリバリ踊れちゃうので比較が難しいかもしれませんが、あくまでイテヨンの音の取り方に注目して見てください。音楽がなくてもイテヨンを見ているとそのバックの音楽が浮かんでくるくらい、体を音によく乗せているのが本当に気持ち良いです。

160604 드림콘서트 - NCT U '일곱 번째 감각' 직캠 by DaftTaengk - YouTube

 NCT U 『The Seventh Sense』の全体が見えるファンカムお借りします。特にイテヨンの気合が入っているステージを選びました(笑)歓声も入っていて音が聞こえづらいかもしれませんが、ぜひイヤホンか何かでちゃんと音と映像を合わせてみてほしいです。

 

ここから注目したい動きだけだーーっと書いてみます。(これは完全に趣味です笑)

・36秒〜   第七感の大きな特徴である最初のドゥ〜ンドゥドゥ〜ンの(伝わるのか)の後にタッタタタッタタッという音が入り始めて手を動かし始めるところ、そこで既にイテヨンは手を忠実に動かしてそのタッタタタッの音を取っているため、この時点で他メンよりも少し遅く見えます。これが遅どりですね。他メンが雑だと言っているのではなく、あまりにもイテヨンの音の取り方が丁寧かつ細かいのが分かると思います。40秒〜のドゥドゥ〜ンのところで上半身(特に胸のアイソレだけ)で音を取っているところもまさにイテヨンという感じ(笑)

 

・1分06秒〜  マーク、ポンクル、イテヨンの「かとぅん っく〜む まち なる ぷるぬ〜ん」のところで、マクポンは赤字のところだけ音を取って上に体をおこしていますが、イテヨンだけ青字のぬ〜んのところも使って二段階で体をおこしています。これは果たしてs**tkingzの振付通りなのか、イテヨンがまた音を聞きまくっているのか(笑)細かく見るとイテヨンは結構自由に自分の音の取り方で踊っているのがよく分かりますね。

 

・1分20秒〜   イテヨンの音の取り方とは関係ないんですが、ポンクルがセンターにいる隊形から次のサビに移動してイテヨンがセンターになるところにかけて、隊形が時計周りに動いて回る変化がめちゃ好きです。(それだけですすいません)

 

・2分50秒〜   なんて言ったらいいんだろう、「open your eyes」のところで手のひらを4回パタパタ(正確にはみんなもっとかっこよく音とってます笑)するところでもイテヨン確実に遅れています、ここはどの映像見ても揃ってるのほとんどないくらいいつも遅れて見えるところです。

f:id:hitomochimochi:20170312162204p:image

 ↑イテヨン(右から2番目)だけ右手が開いていないです。

 

・3分22秒〜   またイテヨンの音の取り方とは関係ないんですが、脚を内→外で動かすところの振付がもう大好きで、それをかっこよく見せられる彼らが最高です。ここの振付で言うならば、絶対にスキニーよりもワイドパンツのほうがかっこいいと個人的に思いますそもそも第七感はワイドパンツに限りますね(ニヤリ)

 

 

ここでさらに上の動画との比較で載せておきたいのは、同じステージのイテヨンのみの縦ファンカムです。

 

160604 NCT U - 일곱 번째 감각 (The 7th Sense) [태용] TAEYONG 직캠 Fancam (상암) by Mera - YouTube

 

この動画で上の細かいところを見てみてると、さっき見たイテヨンは他メンよりも遅れて見えるところがあったはずなのに、決して音に遅れて踊っているようには見えません。いかに人の音の取り方が様々であり、イテヨンは音を忠実に再現して遅どりしているかが分かるはずです。まさにバコンバコン音に振付をはめてきているようです本当に。

 

推測でしかありませんが、イテヨンはおそらく振合わせの時に相当自分の遅どりを修正しているんじゃないかなと思っています、少なくともサビは。自分もセンターに来るパートであり曲の中でも目立つ部分だから。癖なんじゃないかやっぱり。意識的にあそこまでほとんどの部分で遅どりするのって可能なんだろうか…。SM Rookies Showの時の映像を見るとイテヨンがセンターで見事に遅どりしていた時もありました。ちょっと気を抜くと遅どり(イテヨンにとっては音に合った自分のテンポ)になるのかなぁと。その動画を載せたかったんですが、いつの間にか非公開になっていました…見つけ次第載せます。

 

イテヨンの音の取り方について散々書きましたが、遅れていることを問題としてあげているのではなく、ただイテヨンの踊り方の大きな特徴の1つとして書いているだけで、わたしもそうですが、このイテヨンの遅どりの感覚がすごく好きな人もたくさんいるんじゃないかと思います、音にはまって見えて。EXOリーダーのスホは逆にものすごく早どりします(笑)まさに真逆です。音の取り方は本当に色々で、遅れて見えたとしても音はしっかり取って、拍も余らせずにた〜っぷり使って常に動きを見せるイテヨンのような人もいるんだと思うと、すごくかっこいいです。振付は揃っているに越したことはありませんが(視覚的に)、NCTはいわゆるカル群舞を狙っているわけではないのかもしれませんね。なんといってもネオカルチャーテクノロジーですから、最先端はいかに振付を端から端まで揃えるかを気にするよりも、もっと曲そのものとか振付の新しさに投資するのかなやっぱり(笑)それこそ、SMが長年の努力で築いてきた最大の強みなのは間違いありません。

 

 

まとまらなくなってきたのでしめよう(急に)

 世界に羽ばたけNCT!!

イテヨンはやはりその中核を担います。個性をそのまま持っていってくださいどうか!!

遅どりがよくあらわれていた時期のイテヨンの素敵な写真をお借りします。

f:id:hitomochimochi:20170312180702j:imagef:id:hitomochimochi:20170312180655j:imagef:id:hitomochimochi:20170312181155j:image

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました٩( 'ω' )و相変わらずの乱文申し訳ないです何の節操もありませんね…いつか上手く書けるようになるのかなぁ…(笑)