読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【何度もデビュー】若きラップ有望株

 こんにちは、今日も平和にとっても暇な1日を送っています。

 

決めました、今日は2016年デビューしたばかりのSMからの新人NCTのこの方

マーク(마크)について言いたいことを言ってみようと思います!(NCT自体の説明は大変めんどうなことになるので割愛です) 

 

f:id:hitomochimochi:20170310011520j:image

 

(あえてルーキーズの写真を載せてみる)

 

NCT Uのマンネとして、NCT Dreamと長兄として、NCT127として3回もデビューするという、既に珍しい経歴をお持ちのカナダ生まれマーク君です。🇨🇦

1999年8月2日生まれ、本名は英語でMark Lee、韓国語で이 민형(ミンヒョン、ミニョン)といいます。

新高校三年生にもかかわらず彼はNCTのラッパーとして、ネイティブの英語を活かして作詞や作曲にも携わり、ダンスもかなりの腕前というこれまたSMはよくこんなよくできた子を連れてきたなと。

踊りながらもブレないラップに定評があり、ダンスも上手いからSMのお気に入りでダンス曲ではセンターにくることも多いです。(メンバーに平等にセンターに来させずに特定の子をとにかくセンターに持ってきたがるよね)

 

紹介はまぁそこそこに、1番話したいのはやっぱりラップスキルです。韓国ではShow Me The Moneyの人気や音源チャートでのラップ曲の人気を見ても、日本よりもはるかにラップが大衆的なものになっていることは確実ですが、その分ラッパーから、いわゆるアイドルラッパーに対しての風当たりの強さもなかなかです。YGなどのラップを強みとして握っている大手とは異なり、SMは特にそのアイドルラッパーとしてのイメージが強く現れている印象がありましたが、NCTのテヨンとマークの登場はこれに対するSMからの答えのように思います。

ということでちょこっとテヨンのラップも載せてみます。

 

SMROOKIES_SR14B 'TAEYONG (태용)'_OPEN THE DOOR - YouTube

 

テヨンがまだSM Rookiesだった頃に公開された『Open The Door』です。SMにもこんなラップをする子がいたんだ!!と良い意味で思わず驚きました。簡単に言ってみれば、SMにはゴリゴリにラップをする子はいないと思っていたわけです。YGが特徴にもつラップとは何か違う、「SMのラッパー」を作り上げたんだろうなと思いました。ラップがどんどん人気を博している中、SMも取り残されるわけにはいかなかったんだろうとは思いますが、ラップでも独自路線を開拓するのはそう簡単なことではなかったでしょう。

(あれ、マクたんの話をするはずがどうして事務所のラップの話に…笑)

 

 

この流れで出てきたのが、NCT Uとして出てきたマークです。

まさかあの『第7感』でデビューするとは、本当に強気で来たなと感じさせるものでしたが、ティーザー映像の時点でその序章は始まっていましたね。

最初に公開されたティーザーがこれです、まさにマークのラップで勝負してきました。

 

NCT U_Teaser #1 MARK - YouTube

 

最初のイントロの音から始まって、ドヨンの声からマークに繋がる、30秒もない短い映像にとてつもなさを感じさせられました。上手い、なんてかっこいいラップをするんだろうと思えば、気づいたらYou Doとただただ言いたくなる。

やはりSMの新人は只者ではなかったと思いました。大衆人気をまったく意識してないんじゃないかと思わせるデビュー曲の選曲に、SMが特に力を入れる作曲家への投資や、こんな最先端のものを作れるんだと言わんばかりの独自路線を見せつけられたとでも言ったほうがいいかもしれません。とにかくSMはNCTをデビューさせるに当たってラップを重要視していたのは確実そうですし、もしかしたらたまたまテヨンとマークが今までのSMとは違うラップを想像以上にできるようになっただけかもしれませんが、それもそれだけの練習生を育てられるシステムを持っているんだと示したわけで、第7感で、しかも最初のティーザーにマークを使ったのはとても効果があったと思います。

いい働き、グッジョブマクたん٩( 'ω' )و

 

 

その後のタイトル曲での活動で特にかっこいいマークのラップを載せてみます。(わたし目線)嬉しいことにラップ部分だけ編集してくださってる方がいたのでありがたくお借りします。

 

NCT 127 - Mark's Firetruck Rap - YouTube

NCT127の『Fire Truck』

 

音楽番組を見れば分かりますが、いつ見てもちゃんと安定してかっこいいのはすごい、これだけ踊ってて。

 

さらに、活動曲ではないですが、マークのラップの才能が光る曲を載せてみます。

 

161223 신촌 NCT - Mad City 마크 직캠 - YouTube

 

NCT127のFire Truckのアルバムに入っている『Mad City』です。

もともとこの曲は、彼らがNCTとしてデビューする前にSM Rookiesとして主にライブ活動していた時から歌われていた曲で、最初にジェヒョンが少し入りますが、テヨンとマークのラップ曲で作詞は自作です。上のはデビュー後のファンカムをお借りしました。

英語だけのラップと英語と韓国語を混ぜたラップが続けられていてマークにしかできないラップにテヨンのラップも相まってめちゃめちゃかっこいい、SMがラップオンリーの曲を入れるのも珍しい気がします。正直何を言っているのかは歌詞を見ないと分かりませんが、韻の踏みが明快で思わず一緒にノってしまいます。気が向いたらデビュー前のと比べてみてください、所々違うところもあって面白い二度美味しいです。

 

 

NCT 127 - 'Baby Don't Like It' Lyrics [HAN/ROM/ENG] + Color Coded - YouTube

 

もう1つは、NCT127の無限的我に入っている『Baby don't like it』です。

この曲はマークのラップから始まって、テイル、ドヨン、ヘチャンがサビを歌い、テヨンのラップが入る曲で、テヨンとマークが作詞を自作し、作曲にも参加しました。

最初のマークのラップ部分で

 

Baby is it me or are you doing something to me

 

こんなところがあるんですが、さすがネイティブの子!!somethingの発音がもはやサィッにしか聞こえない!!全然somethingなのか分からない!!そんな感じ(どんな感じだよ)で自分の持ち味を発揮しまくっているラップですので、ぜひ聞いてほしいです、感動しますsomethingに(笑)

 

 

最後に外せないのが、ただいまマークが出演中(収録はおそらく済んでる)の「高校ラッパー」という番組です。

名前の通り、現役高校生が人気ラッパー審査員の前でラップを地域のチームごとで競う番組です。まだ全て終わっていないので、出てる分を載せます。

 

School Rapper [2회]′고등래퍼 만큼은 ′고등학생 마크′로 나오고 싶었어요′ 마크 @ 서울 강서 지역 대표 선발전 170217 EP.2 - YouTube

第2話

 

School Rapper [3회] 조니, 마크 ′6위 래퍼′ 싸이퍼 @ 멘토결정전 2라운드 170224 EP.3 - YouTube

第3話

 

School Rapper [4회]′존재감이 압도적이였어요′마크vs신상호vs한지석 @ 최종대표선발전 170303 EP.4 - YouTube

第4話

 

ここでもやっぱり出てくるのは、アイドルラッパーに対する先入観(アイドルのラップを見下す見方です)なんですが、マークはそれをラップスキルで払拭しました。高校生ラッパーの中では有名で実力もある強いMCぐりー君(説明雑ですみません)にも劣らないラップを見せていてめちゃめちゃかっこいいのでぜひ見てください、あ、この子ただものじゃないんだって再認識できます。

 

 

マークのラップについて書きましたが、この子の頑張り屋の性格についてメンバーが話している素晴らしい動画があるので、これも載せてみます。日本語字幕があったので、お借りします。

 

NCT LIFE in Paju ep.0 - 1(日本語字幕) - YouTube

NCT LIFE ep.0

 

それと、これはNCT Uが誰が1番かっこいいか(音楽パフォーマンス的に)を選ぶ

んですが、他メンからの圧倒的支持を受けるマクたんです。日本語字幕はありませんが、テヨンがマークを選んだのは、おなじラッパーとして本当にかっこよく見えるんだろうなぁと思えます。なんとも微笑ましい( ;  ; )

 

[MV Commentary Bonus track] NCT U(엔시티 유) - 일곱번째 감각(The 7th Sense) 뮤비코멘터리 비하인드 공개! - YouTube

 

 

 

マークは今のところNCTで唯一全てのチームに所属していますが、それは今まで散々書いてきたラップスキルの高さと、その努力家なところをはじめとして、事務所からも信頼を得ているからこそのことだろうし、事務所からも推される理由がよくわかります。ダンスのことも書けたら良かったんですが、なにせNCTには他にダンスのことで書きたい子がいるので置いときます。

休みなく働かせるSMのやり方は好きではありませんし、実際マクたんもすごく疲れが溜まっていると思いますが、末長くマクたんの行く末を見ていきたいと思わずにはいられません。ちなみにわたしが初めて自分よりも年下を推すことになったことに時の流れを感じます。(最初年下を推すことに罪悪感を抱いていましたがすっかりどこかへ消えました笑)

 

頑張れラッパーマーク!!素敵な写真をお借りしました。

f:id:hitomochimochi:20170310030313j:imagef:id:hitomochimochi:20170310030344j:imagef:id:hitomochimochi:20170310030405j:image

 

読んでくださってありがとうございます٩( 'ω' )و